top of page

いきなりやってくる四十肩・五十肩。その原因とは?

更新日:4月29日


四十肩・五十肩は、肩の関節がスムーズに動かせなくなる関節痛の一種です。 肩や腕が動かしにくくなるため、日常における些細な動作に支障をきたすようになります。 肩こりと混同されがちですが、肩こりは筋肉疲労や筋肉の緊張による張りや痛みです。 一方で、四十肩・五十肩は肩の関節が炎症を起こしている状態を指します。

四十肩・五十肩は、肩関節周辺が炎症を引き起こした状態です。 名前の通り40代や50代に発症しやすく、加齢が原因とされています。 加齢が原因で炎症を引き起こす原因は、以下のものが理由として考えられます。

筋力や腱の低下

加齢によって筋肉や腱も老化するため、柔軟性は失われていきます。 それに加えて運動不足などによって動かさなくなるため、血行が悪くなって傷つきやすくなります。 そうすると、少しのことで損傷してしまい、炎症を引き起こしてしまうのです。

血液循環の低下

年齢を重ねると、血液循環は低下していきます。 血液循環が悪くなれば関節や筋肉は硬くなりやすくなってしまうため、炎症を起こしやすくなります。 炎症を起こせば痛みが発症するため、肩の可動域が狭まり四十肩・五十肩を引き起こします。

筋力バランスの悪さ

肩や腕は負荷のかかりやすい部分ですが、年齢と共に積み重なった負荷が炎症を起こす場合もあります。 姿勢の悪さによる身体のゆがみは、筋力のバランスを悪くします。 そうすると、余分に肩や腕に負荷がかかるようになってしまうのです。

四十肩・五十肩は40代以降の方に多く発症しますが、稀に若年層でも発症するケースがあります。 その場合は、運動不足などによって筋肉や腱の力が低下してしまうことが原因と言われています。 運動不足になった筋肉や腱に、パソコンの長時間使用や家事、育児などが負荷になって加わることで、四十肩・五十肩につながります。 四十肩、五十肩は硬くなっている筋肉をほぐすことで、少しずつ動かせるようになっていきます。少しでも動かせるようになりたいという方は、早目の対応と定期的に施術を受けることをお勧めします。

千歳烏山 太陽整体烏山院 


当院では、「痛み辛さを早く改善する」「安心して受けられる」を体感していただくために、最善の施術を提供できるよう、お一人ひとりのお体の状態に合わせた施術を行っています。お体の改善後もアフターケアを大切にし、持続的に健康をサポートいたします。


閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page