かかとの痛みは〇〇〇が原因です。

更新日:1月18日


先日、足をついたとき、座っているときなどにかかとが痛む、という方がご来院されました。 かかとはふくらはぎ、スネから筋肉や腱が足先までつながる通り道となっています。 かかとを通る筋肉や腱が硬くなることで、かかとに痛みを生じさせてしまうのです。 初回の施術で、ふくらはぎから足首、アキレス腱をじっくりほぐしたところ、次にのご来院の際に痛みがなくなるまでに改善したと喜んでいただきました。 体には痛みが出る部分とは別のところに、原因があることがたくさんあります。

最近は首の痛みでご来院される方が多いのですが、ほとんどの方が背中の筋肉が硬くなっています。 背中と首の筋肉は首を動かすときに連動性が高く、背中の筋肉が硬くなっていると、首を動かすときに回しにくい、痛みが出る、ということが起こります。 首が動かしにくい状態まで、進んでいると改善に時間がかかります。背中のコリを感じたら早めの対応をお勧めします。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

骨盤がゆがむとどうなる? 骨盤は頭を支える背骨の土台です。土台がゆがむと上半身のバランスがくずれます。するとバランスを保とうとして背骨を支えている筋肉が緊張してしまいます。緊張して硬くなった筋肉は血行不良を起こし、そこで発生した痛み物質を知覚神経が感知し脳へ伝達され、腰痛や肩こりなどの痛みとして認知されます。また、背骨は内部を通る脊柱管の神経を保護する役割があります。骨盤のゆがみは不眠、疲れが取れ