top of page

その腰痛、裏腿の筋肉が原因かもしれません



裏腿(ハムストリング)
裏腿(ハムストリング)

裏腿(うらもも)の筋肉群は、主にハムストリングスと呼ばれる筋肉で構成されています。ハムストリングスは大腿の後ろ側にあり、膝の曲げ伸ばし運動を行う際に重要な役割を果たします。また、これらの筋肉は骨盤と脚の間の連絡役も担っており、特に長時間座っている場合や悪い姿勢を維持している場合に緊張することがあります。

腰痛と裏腿の筋肉の関係は、以下のような点が考えられます

1 筋肉のバランスの問題: ハムストリングスが過度に強く、他の筋肉群(例えば、腹筋や臀筋)とのバランスが取れていない場合、それが腰痛を引き起こす原因になることがあります。筋肉の不均衡が、骨盤の位置や腰椎の負担に影響を与えることがあります。

2 姿勢の影響: 長時間同じ姿勢を保つことで、特に座った状態でハムストリングスが収縮し続けることで、腰痛が引き起こされることがあります。この場合、裏腿の筋肉が過度に緊張していることが関与しています。

3 神経の影響: 裏腿の筋肉の緊張が神経を圧迫したり、腰椎の神経に影響を与えることがあり、それが腰痛を引き起こす原因になることがあります。 裏腿の筋肉は硬くなりやすいですが、お尻の付け根から膝の裏までをしっかり施術すると、比較的ほぐれやすい筋肉です。1回の施術でもかなり効果が期待できる筋肉です。 長時間座っていて腰の痛みが気になる方、腰痛と下半身のだるさを感じている方は裏腿の筋肉が硬くなっているかもしれません。当院の足の裏で押さえてほぐす施術は、裏腿など大きな筋肉をほぐすのに効果があります。痛みがひどくなる前にご相談ください。 千歳烏山 太陽整体烏山院  当院では、「痛み辛さを早く改善する」「安心して受けられる」を体感していただくために、最善の施術を提供できるよう、お一人ひとりのお体の状態に合わせた施術を行っています。お体の改善後もアフターケアを大切にし、持続的に健康をサポートいたします。






閲覧数:2回0件のコメント

Comentários


bottom of page