デスクワークで肩こり・首の痛みを防止するための二つのポイント


長時間パソコンに向かっていると、首が同じ姿勢のまま頭の重さを支え続けることになります。普段「頭って思いなぁ」などと頭の重さを意識する事はほとんどないと思いますが、頭の重さは体重の10%ぐらいといわれています。体重が50㎏の方で5㎏、60㎏の方で6㎏ということになります。その重さを支え続けていることが、肩こり首の痛みの原因になっています。 そこで気を付けたいのが、首とパソコン画面の角度です。ノートパソコンを使うときにおこりやすいのですが、首が下向きになると頭の重さを支えるために、肩や背中に大きい負担がかかってしまいます。また、あごが少し上がるような上向きになると、首の後ろの筋肉が収縮した緊張状態になり負担がかかります。首の背骨「頸椎」や椎間板にも負担がかかり頸椎ヘルニア、頚椎症といった症状を起こすこともあります。このように首の角度は正面を向いている時は良いのですが、首が傾くと負担が一気に増してしまいます。 最近ではリモートワークの方が増えて、ダイニングキッチンなどでお仕事をされる方も増えています。パソコンの高さを目線がまっすぐに正面を向くような位置に調整しましょう。 手を遠くにすればするほど、肩や首に負担が大きくなってしまいます。手が前に出た状態が続くと肩甲骨がひらっきぱなしになり肩甲骨の内側、背骨沿いがこってきます。キーボードを出来るだけおへそに近づけて操作するようにしてください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示