坐骨神経痛とは? 痛み、しびれの出る場所は?


太もも、ふくらはぎが痛い、しびれるといった症状で整形外科を受診すると、坐骨神経痛の疑いがあるといわれることが多いと思います。 坐骨神経痛の症状は人それぞれで、ちょっとしたしびれや痛みが続いている方や、歩くと痛みが出る、足がしびれて歩けないなど生活に支障が出てしまう方もいらっしゃいます。 坐骨神経痛を引き越す原因は大きく分けると、背骨の変形が原因、もう一つは筋肉が硬くなっているのが原因の二つに分けることができます。 背骨の変形が原因の場合は、手術でよくなるケースもあります。筋肉が原因の場合は筋肉をほぐして血流をよくすることで改善することができます。筋肉が原因の坐骨神経痛の場合、ほとんどのケースでお尻の奥にある梨状筋という筋肉が硬くなっています。 梨状筋が硬くなると股関節や太ももの裏、横、ふくらはぎ、スネと広範囲に痛み、しびれが出て、初診の時にお話を聞くと、どこが痛いかわからないという方も多くいらっしゃいます。施術をしていくと、梨状筋を押さえたときに「あっ、そこです、そこが一番痛いとこです」と言われます。 梨状筋をほぐすのは、当院の足技のメリットが生かせて効果も出やすいので皆さんに喜んでいただいています。足の痛み、しびれでお悩みの方はご相談ください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

疲れがたまってくると、思考力や集中力、注意力が低下します。また頭痛や肩こり、腰痛の原因になることもわかっています。 普段私たちが感じる疲れには「末梢疲労」と「中枢性疲労」の2種類があります。「末梢疲労」とはいわゆる体の疲れで、運動した後や立ち仕事の後に感じる体のだるさのことです。慢性的な疲労の原因である「中枢性疲労」は体ではなく、長時間の仕事などに集中したり、プレッシャーを受けるなどして自律神経の

足のだるさやむくみの原因は血行不良が原因です。立ちっぱなしや座りっぱなしが続くと起きやすい症状です。患者さんのお話で多いのは、足のだるさを一番感じる部分はふくらはぎです。ふくらはぎにはいくつも筋肉があります。浅い部分にあるのは腓腹筋やヒラメ筋という筋肉です。足がだるい重いという方はこの二つの筋肉をほぐすのが効果的です。足がつるという方はその奥にある足の裏を動かすときに使われる筋肉が硬くなっています