息を吸うのもつらい、ぎっくり背中




急に背中が痛くなり動くことができない、背中を電気が流れるような痛みが走り、息を吸うとさらに痛む。このような症状はぎっくり背中といえます。 痛みが起こる原因はぎっくり腰と同じで、筋肉や筋膜が損傷して炎症を起こしています。痛みがひどいときは安静にして痛いところを冷やしてください。 安静にしすぎると回復が遅れるので、安静にするのは3日間程度を目安にしてください。痛みがひどいときは椎間板の損傷も考えられます。お医者さんでの検査をお勧めします。 筋肉、筋膜を傷めてしまうのは日常生活で疲労がたまり硬くなった筋肉が急に動かされたり、引っ張られることが原因です。仕事や家事で疲労はどうしてもたまってしまいます。疲労がたまった筋肉は血流が悪く硬くなっています。予防のためにと無理なストレッチはぎっくり背中を再発させる可能性があります。再発の予防には痛みがあった場所を中心に背中の筋肉が動くときに関係する筋肉全体的にほぐすことが安心で効果的です。 背中の筋肉は背骨を中心に左右対称についています。背骨沿いに走る筋肉はあばら骨にくっついていたり、腰から肩を覆う筋肉は骨盤にくっついています。当院の足技は大きな筋肉から細い筋肉をじっくりほぐすのに高い効果があります。背中ぎっくりを繰り返すのでお困りの方はご相談ください。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示