top of page

普段の姿勢から坐骨神経痛を予防・改善しましょう。

更新日:4月29日


坐骨神経痛は、腰の背骨の変形が原因のケースとお尻の梨状筋という筋肉が硬くなるケースに大きく分けられます。

どちらのケースも普段の姿勢や使い過ぎによって負担がかかってしまうことが原因です。 前傾姿勢や腰を反らす姿勢が続く人は腰の背骨に負担がかかっています。また、立っている時に片側に重心がかたよっている人は片側に体重を乗せて片側ばかりの筋肉を使って立っていることになり、腰の筋肉から、お尻の梨状筋に負担がかかっています。足の開きも左右が違う場合も骨盤・股関節周辺の筋肉に負担がかかってきます。反り腰や猫背になっていると腰の背骨に負担がかかり、神経の圧迫を強めてしまいます。 座った時の姿勢が悪いと梨状筋に負担がかかります。左右どちらかに体重がかかっていると、お尻にかかる圧力が左右で異なり、圧力がかかっている梨状筋はつぶされている状態です。その姿勢を何時間も続けていると梨状筋は硬くなり、坐骨神経を圧迫します。 梨状筋が硬くなると座るだけで坐骨神経を圧迫して痛くて座れないということも起きてきます。 背骨、梨状筋に負担が少ない座り方のコツは骨盤の上に上半身をしっかり乗せることです。姿勢が崩れてしまう要因として、筋力の低下があげられます。普段から意識的に良い姿勢をキープすることは、姿勢を維持するインナーマッスルを鍛えることができます。坐骨神経の予防、改善には筋力アップは効果的です。 坐骨神経痛予防の筋トレのメニューとしては特に裏腿からお尻、腰、背中の体の裏側の筋肉を鍛えることが重要です。 千歳烏山 太陽整体烏山院 


当院では、「痛み辛さを早く改善する」「安心して受けられる」を体感していただくために、最善の施術を提供できるよう、お一人ひとりのお体の状態に合わせた施術を行っています。お体の改善後もアフターケアを大切にし、持続的に健康をサポートいたします。





閲覧数:310回0件のコメント

Comments


bottom of page