top of page

腰痛の原因と施術内容


腰痛の主な原因は腰や腰周辺の筋肉に疲労がたまり硬くなることです。 筋肉に疲労がたまる理由は日常生活の中にいくつもあります。立ち仕事やデスクワークなどで長時間同じ姿勢を続ける、前かがみの姿勢や偏った無理な姿勢を続けてしまう。また、スポーツや家事・重い物を持つことが多いなど、筋肉に負担がかかることで、筋肉が疲れ疲労物質がたまります。

筋肉に疲労物質がたまると筋肉が硬くなってしまい血管を圧迫し血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると、血液の流れにのせて疲労物質を取り除くことができなくなり、筋肉がさらに硬直します。

また、硬くなった筋肉は伸張性がなくなり日常生活やスポーツでの動きに対応できず、伸ばされるストレスや筋力を使う動きの際に痛みとして腰痛の症状が現れるのです。

さらに、腰、腰周辺の筋肉が硬直すると体のバランスが崩れ、体の歪みの原因となります。体のバランスが乱れると筋肉に負担を与え続けてしまい、さらに慢性的に同じ部分に負担が加わり続けることで腰痛が長引く大きな原因になります。 腰痛を改善させる施術内容は股関節可動域・骨盤機能の改善、腰の深層筋を緩めることが中心になります。股関節可動域・骨盤機能の改善には臀部、太ももの表側、裏側、側面の筋肉をほぐします。 施術の効果としては、腰に関連する筋肉や関節が体を動かすときに全身の運動連鎖がスムーズになることで今ある痛みが軽減されるだけでなく、腰痛になりにくい体にすることを一番の目的にしています。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page