top of page

腹式呼吸で心身ともにリラックス

更新日:2022年9月8日



2005年に開院してたくさんの患者さんを施術させていただくと、運動や仕事で筋肉が硬くなってしまう「疲労蓄積タイプ」と精神的な緊張により筋肉が硬くなっている「緊張型タイプ」がいることを感じます。 「疲労蓄積タイプ」の方は施術の効果が出やすく、休日などにしっかり休むと体の状態は改善します。

「緊張型タイプ」の方は施術をしても元に戻りやすい傾向があります。その原因の一つに緊張の原因がご本人にあることにあります。気になることがあると頭から離れないなどということがあると緊張状態が続いてしまいます。人それぞれの性格もありますし、考えることが悪いとは思いません。でも時には頭の中を空っぽにすることも大切です。 心も体もリラックスさせるのにお勧めなのが腹式呼吸です。 腹式呼吸にもやり方はいろいろありますが、私がおすすめするのは鼻からおなかを膨らませるくらい息を吸って一度呼吸を止めます。5秒止めたら口から細くゆっくり息を吐きます。肺を風船のように膨らませて、しぼませるイメージです。私も寝つきが悪い時や気持ちがもやもやするときなど、普段の生活の中で取り入れています。 こちらのサイトに腹式呼吸のやり方やコツが詳しく紹介されていますので参考にしてください。https://kokoro.mhlw.go.jp/ps/relaxation/physical01.html



閲覧数:6回0件のコメント

Kommentare


bottom of page