成長痛(オスグッド病)の対処と予防


成長期にスポーツをしている子供に多いのが成長痛です。成長痛というと、体が未発達の子供だからしょうがない、これから体がしっかり出来上がれば大丈夫と考えてしまいそうですが、医学的に「骨端症」と名前がついているスポーツ障害です。(スポーツ医学検定のテキストにも子供のスポーツ障害については詳しく書いてありました) 「骨端」という字が使われていることから解るように、痛みが出る場所は骨の先端部分です。成長期の子供は骨の先端が成長に合わせて伸びるので、真ん中部分に比べると柔らかいのが特徴です。そこが繰り返しの運動で使われ続けたり、衝撃を受けることで痛みが生じてしまいます。

成長痛は特に足首、膝、肘、肩が痛くなることがほとんどです。膝で生じた痛みをオスグッド病といも言います。痛みが出たまま激しくスポーツを続けると関節の変形などが生じることもあるので、軽く考えることは危険です。痛みがひどい時は無理をしないで休むことが大切です。痛みが軽い場合はテーピングなどをして運動することも可能です。整形外科で詳しく調べると安心だと思います。 成長痛の予防、早期回復には関節まわりのストレッチが有効です。運動前後はもちろん寝る前などに行うとよいと思います。 もう一つの予防としてマッサージが効果があります。痛みの原因となる箇所に繋がる筋肉をほぐすことで骨にかかる負担が軽減します。

足首だと腓骨筋、膝だと大腿四頭筋、肘は前腕、上腕の筋肉、肩は肩甲骨周りの筋肉です。かかとが痛い場合はアキレス腱です。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

体、筋肉について説明する理由。

施術前に痛みの原因になっているであろう筋肉を説明したり、施術中に施術している個所の筋肉の名称、働きを説明しています。 ホワイトボードなどを使って説明するときもあります。時には自分が昔から使っている解剖学のテキストを持ち出すこともあります。 なぜそうするかというと、施術する前に色々と説明することで、施術に対する不安をなくしてもららいたい、というのが一番の目的です。 実は筋肉の場所、名称などを説明をす

慢性的な疲労を抱えている方へ

疲れがたまってくると、思考力や集中力、注意力が低下します。また頭痛や肩こり、腰痛の原因になることもわかっています。 普段私たちが感じる疲れには「末梢疲労」と「中枢性疲労」の2種類があります。「末梢疲労」とはいわゆる体の疲れで、運動した後や立ち仕事の後に感じる体のだるさのことです。慢性的な疲労の原因である「中枢性疲労」は体ではなく、長時間の仕事などに集中したり、プレッシャーを受けるなどして自律神経の

腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)と腰痛

腰痛の原因となる筋肉はいくつもありますが、当院では腸腰筋の施術を取り入れています。 腸腰筋は腰の背骨と大腿骨をつなぐ大腰筋と、骨盤の内側と大腿骨をつなぐ腸骨筋の二つからなっています。特に腰痛と関係が深いのが大腰筋です。大腰筋が付着する腰椎は自然な前弯が見られます。大腰筋が硬くなると腰椎の前弯がきつくなり腰痛の原因になります。 大腰筋が硬くなる姿勢として代表的なのが座っている姿勢です。長時間座ってい

当院はあなたの痛みを解決する整体院です。

  

太陽整体烏山院は、2005年に 千歳烏山に開院以来、多くの皆様の健康のお手伝いをさせていただいている整体院です。

筋肉を効果的にほぐす足技、手技は、当院でしか受けられない施術です。

世田谷区南烏山6-25-11 2F

予約優先 

03-3300-4833  

最終受付 PM9:00まで 

(日曜・祝日PM7:00まで)

水曜日定休

臨時のお休み有り

千歳烏山駅 徒歩5分

甲州街道烏山総合支所入り口交差点そば