top of page

なぜ、ほぐすと楽になるのでしょうか。

更新日:2022年7月11日


腰痛や、肩、首がつらくなると、揉んで欲しい、ほぐされたいと思いますよね。なぜ体はほぐされると気持ちよくなり、楽になるのでしょうか。

まず硬くなった筋肉はどのような状態なのでしょうか。硬く緊張している筋肉は血流が悪くなっているので、筋肉に充分な栄養も行き届いていません。その為、筋肉繊維ががっちりと連結してしまい柔軟性が失われています。関節や姿勢を維持する筋肉が硬いままだと、動き始めに痛みを感じたり、じっとしていてもこわばったままなのでリラックスできません。 筋肉をほぐすのには血流の改善が必要です。ある程度の力を筋肉に伝えてポンプの要領で血行を促します。血流がよくなると、筋肉にたくさんの新鮮な血液がながれます。血液の中にはたくさんの養分が含まれています。その中にはがっちりとかたまっている筋肉繊維の連結を緩める働きの養分が含まれています。連結が緩めば関節は可動域が広がり動きやすくなり、筋肉は柔らかくなります。ストレッチや軽い運動、入浴などで体を温めるのも血流の改善に効果があります。 また筋肉がほぐれるときに脳内に「幸福ホルモン」が分泌されるのも揉んで欲しいと思う理由の一つになっています。ほぐしてもなかなかほぐれない筋肉は自律神経の緊張が原因となっています。神経の緊張が筋肉に伝わっているので、ほぐすにはリラックスすることが大切です。その場合は強く押さえてほぐすことよりも、脳内にたくさん「幸福ホルモン」が行き渡るようにほぐす施術が必要です。受けていただく方の気持ちが一番大切なので、初診のときよりも、2回目、3回目と慣れていただくと効果が出やすくなります。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

施術前に痛みの原因になっているであろう筋肉を説明したり、施術中に施術している個所の筋肉の名称、働きを説明しています。 ホワイトボードなどを使って説明するときもあります。時には自分が昔から使っている解剖学のテキストを持ち出すこともあります。 なぜそうするかというと、施術する前に色々と説明することで、施術に対する不安をなくしてもららいたい、というのが一番の目的です。 実は筋肉の場所、名称などを説明をす

本当に暑いですね。院内はクーラーを入れているので涼しいですがちょっと外に出ると熱気に包まれ汗が出ますね。院内の奥のスペースにパソコンを置いて事務作業スペースがあるのですがパーテーションで区切っているのと窓際ということがあって施術スペースと比べると少し暑い場所です。今日はいつもより暑いなと思っていたところ、パソコン画面が突然真っ暗になりイヤホンからは「ジーーーー」という音が聞こえてくるだけになりまし

bottom of page