肩こり、首の痛みの改善は背中をほぐすことが大事です。

更新日:7月11日


デスクワークの方は肩こり首の痛みでお困りの方も多いと思います。ご来院された方に気になる部分はどこですかと質問すると抑えるのは首の付け根から肩甲骨にかけての筋肉です、確かにそこは肩甲挙筋というデスクワークをしていると常に緊張状態にある、肩こりの代表的な筋肉があります。

肩甲挙筋は少し深いところにあるのでまずは表面の筋肉をほぐします。その筋肉は僧帽筋といって背中上部から後頭部の付け根までを覆っています。

僧帽筋もデスクワークによって疲労がたまり硬くなり、つらい肩こりや、首の痛みを引き起こします。肩こりがひどい人ほど僧帽筋も硬いので背中からの施術が効果的です。

肩こり、首の痛みがあると上半身の力が抜けていない人が多くいます。僧帽筋の下には呼吸を補助する筋肉もあるのでそこもじっくりほぐすと深い呼吸ができるようになりリラックス効果もあります。

当院の足裏をつかって筋肉をほぐす施術はじっくり筋肉をほぐすことができます。お疲れの体をメンテンナンスして気持ちよく過ごせるお手伝いができると思います。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示